不倫募集サイト 人気ランキング
ADULT STEP
ADULT STEPのバナー
目的 不倫 愛人 割り切り
サイト説明 不倫目的で利用するのにおすすめのサイト。 アダルト目的のユーザーばかりなので不倫相手もスムーズに見つかりますよ。
ADULT STEPの詳細はこちら
SWEET LINE
SWEET LINEのバナー
目的 不倫 愛人 割り切り セフレ
サイト説明 比較的ユーザーの年齢層が高めのサイト。落ち着いた大人の不倫がしたい方に人気があります。 プライベートと不倫を分けたい方にオススメです。
SWEET LINEの詳細はこちら
パラレル
パラレルのバナー
目的 不倫 愛人 割り切り セフレ
サイト説明 年齢層が幅広い。20代の若い子から40,50代の熟した大人の女性と不倫ができます。 「パラレル」なら相性ピッタリの相手探しも安心ですね。
パラレルの詳細はこちら

不倫サイトの実態とメリットとデメリット

人間というものは、パートナーがいる人でも違う異性を愛してしまう生き物です。
もちろんそれはいいことではありませんが、どうしても一人では満足できないという人の為はまずこちらを読んで見てください。

不倫が周囲にバレないようにするためには、相手のプライベートを配慮してあげることが大事になります。
男性はつい女性を束縛して自分の支配下に置こうとします。
ですが、相手も人間ですからお金でモノを言わせて無理やりコントロールしようとすると、後々トラブルに発展してしまうことになります。
相手のプライベートを尊重することで、逆に不倫関係がスムーズになるので環境作りも考えなくてはなりません。

また、相手と同様、自分のパートナーに不倫相手の存在を知られないように、普段の生活も気を付けなくてはいけないのです。

今までメールをしなかった人が、突然スマホや携帯で頻繁にメールチェックしてしまうと、当然周囲からは怪しいと疑われてしまいます。

そして、不倫にのめり込んでしまうと相手の機嫌によって、こちらの精神状態も変化し、それが表情が表にでてしまうこともあります。
ずっと一緒に住んでいるパートナーにしてみれば、機嫌がコロコロと変わるようになれば、外で何かあったのかと感づいしまうでしょう。
そのようなことを回避するためにも、不倫相手とはある程度の距離は必要になります。

それから体調が悪いときに、無理して不倫相手にに会いに行ってそこで倒れてしまい病院に搬送されるようなことになれば、その後修羅場が待っているのは想像できるでしょう。
たとえ健康であっても無理に時間を作って会おうとすると、どこかで無理がたたってしまうことになりますから気をつけましょう。

不倫相手を募集する女性が増えてきた

少し前までの不倫サイトで相手探しをしているのは、男性の方が多かったのですが、最近では女性が募集する書き込みが増えてくるようになってきました。
不倫をしたい女性の理由は、「1人の女性としてみてほしい」、「満足出来るセックスがしたい」というものらしいです。

ちなみに、不倫という言葉は「倫理から外れた行い」を意味しますので、なにも結婚している男女のみを対象とした言葉ではありません。
最近では、10代後半~20代前半くらいの、比較的若い女性も不倫を楽しんでいる人が増えてきているのも事実です。
しかし、やっぱり不倫相手を探すとなれば、メインはやはり人妻です。

男性の場合は、20代前半までが性欲のピークですが、女性の場合は30代~40代が性欲のピークなので、この年齢の女性が最も性欲が強いと言われています。
しかもこの年代の人妻だと、長い結婚生活がマンネリ化して旦那から女性として見られなくなってきます。
夜の営みの方も徐々に回数が減っていくでしょう。

つまり人妻は性欲が強い時期なのにもかかわらず、男性から求められないストレスでいっぱいになっているのです。
欲求を解消しようと自ら不倫サイトを利用している為、人妻からの書き込みが多いという訳です。
ただ注意しないといけないのが、完全にエッチ相手として見るのではなく「1人の女性として愛してあげる」という事が大切だという事です。

人妻に若い時の恋愛を思い出させるためにも、大切にアプローチしてくださいね。

不倫を作るメリットとデメリット

不倫にはルールがあります。
これが守れないのであれば、最初から不倫はするべきではありません。

メリット

不倫をすることのメリットといえば「スリルが味わえる」ことが挙げられるでしょう。
人目を避けバレないように不倫相手に会いに行き、不倫を続ける事は非常にスリル満点です。
不倫を続けている人の中には、このスリルがクセになり、やめられないという人もいるそうです。

また、背徳感もスリルに含まれているのではないでしょうか。
このように不倫は、非日常的なスリルが味わえます。

デメリット

次に、デメリットですが、不倫は法律的に「不貞行為」となります。
不貞行為と見なされた場合は、パートナーから離婚を申し込まれることもあります。
また、慰謝料として50万円から300万円程を支払うことになります。
しかし慰謝料は、不倫された側の精神的苦痛に支払われるものなので、その方が決めるのであり、一般的な相場はありません。
この金額よりも多大に請求されることもあります。

また、不倫相手の女性にも請求される事もありますので、関係を築こうとしている人もそのリスクを覚悟する必要があります。
子供がいる場合は、その子供にも多大な影響を与えます。
もし不倫した事で子供が精神的な苦痛を得たとき、子供からも慰謝料を請求されることがあります。

さらに、不倫に対して良いイメージを持っている人は少ないため、もし周囲にバレてしまえば、一気に周りとの関係は冷え込むでしょう。
もし不倫の途中で悩みを抱えたとき、友人や親しい人に相談するのはまず難しいと考えていたほうがいいですね。
ひとりで解決する能力も必要です。
たとえ相談したとしても理解を得ることは難しく、その途端に友人関係が終わるか、冷えた回答しかもらえないでしょう。

不倫に大切な事

精神的・肉体的に自立していること

寂しいとき、自分が弱っている時、人はついそばで優しく声をかけてくれる人に寄りかかりたい気持ちになってしまうのですが、そんな時こそ優しい誘惑には注意しなければなりません。
他人から見たら、一番心の隙間に入り込みやすいスキだらけの状態なんです。

人間の本心は、本気で相手のことが好きだからではなく、極端な言い方をすれば、チャンスがあれば誰とでも関係を持ちたいという下心の塊なんです。
精神的に弱っている時、心身ともに健康でないとき、不倫に限らず異性との接触は避けたほうがよいと思います。
健全な判断ができないまま、どうでもいい人と関係を持つことだけは避けてくださいね。

寂しいから不倫をする、だけど不倫をすればもっと寂しさが深まるのです。
普段から一人でいる時間を楽しめるようにしておくことです。
逆の言い方をすれば、信念を持った強い人間でなければ、不倫はしてはいけないということです。

経済的に自立していること

しっかりと仕事をもち、働いて経済力を持ってください。
異性に金品の援助をしてもらったら、そこで上下関係ができてしまいます。
不倫関係は対等でなければ言いたいことも言えず、ただ相手の言うなりになって振り回されるだけです。
但し、デート代やホテル代は男性が払ってもいいのではと思います。
デート代も満足に払えないような甲斐性のない男性は、浮気や不倫をする資格はないと私は思います。

情報が漏えいしないよう細心の注意を!

愛人作りというものは、メリットよりもデメリットが多いものです。
ですから、絶対にバレないようにしなくてはなりません。
細心の注意をはらって不倫募集をしてくださいね。

Comments are closed.